しみ

メラニンと呼ばれる色素が皮膚の内部で過剰に生産されたり、蓄積されたりすることで肌の一部の色が濃くなることを呼びます。通常であれば、新しい細胞が作られることで、古くなった角質は押し出され、剥がれ落ちるため体外へ排出されます。